尿酸値が高いときにザイロリック   >   痛風が予防できるワケ

痛風が予防できるワケ

  痛風予防につながることに気付く

尿酸値の上昇が続けば、体内で尿酸結晶が作りだされ続けていることを意味します。それを白血球が異物だと判断してしまえば、尿酸結晶への攻撃が始まるので痛風発作が引き起こされます。

同時に尿酸結晶は溶けていきますが、その際に強い痛みを伴う場合があります。痛風治療薬として病院から処方されることもあるザイロリックは、鎮痛作用は無いうえに尿酸結晶を溶かす働きもするので、痛風発作が起きているときに服用すると、痛みを増幅させる可能性が高いことが分かっています。

そのため痛みが起きてから、ザイロリックを飲むのではなく痛みが無い状態で、服用することが正しいのです。痛みなどの症状が出ていない時にザイロリックを飲むことで、体内で産生される尿酸量を抑制してくれます。

その働きによって、産生より排出がすすむので蓄積量も減少するのです。結果、尿酸結晶が溶かされて排出がスムーズにいくようになります。ザイロリックの服用を続けることで、日常的に尿酸の産生より排出ができるので尿酸結晶は減り、痛風発作を引き起こす可能性を低くすることができます。このことからザイロリックは、痛風予防に役立つとされているのです。

尿酸を過剰に体内で産生してしまう原因には、さまざまなことが考えられます。急激に増えることには偏った食事やアルコールの摂取がありますが、日々のなかでも尿酸は作りだされているのです。

運動は代謝を良くすることで身体に良いイメージがありますが、激しすぎると細胞の生まれ変わりが過剰に起こります。遺伝子やエネルギー源の分解時に生まれる尿酸は、激しい運動によっても大量に作られるので、排出が間に合わなくなるとどんどん体内に蓄積してしまうのです。

そのほかにもストレスの影響によって、体調や生活習慣が乱れればエネルギーも必要になります。同時に尿酸も大量に作りだされてしまうのです。尿酸は毎日のように産生されるので、尿酸値が高いことが分かったら日常的にザイロリックの服用をするなど、ケアすることが大切です。