尿酸値が高いときにザイロリック   >   痛風予防と尿酸値

痛風予防と尿酸値

  本とメガネと検査表

ザイロリックを飲むことが、痛風予防につながります。それは尿酸値を下げる働きを持っているからです。その関係は一体どうなっているのでしょうか。またザイロリックを飲んでいれば、痛風が再発する可能性は無いのか知っておきましょう。

40代〜50代の男性に多いというイメージがある痛風ですが、今では若い男性や女性の患者数も増加傾向にあります。それは、女性の社会進出が増えていることも関係しているようです。会社勤めをしていると、取引先や上司・同僚との食事や飲み会はどうしても必要になってきます。

また尿酸の原因となるプリン体は、遺伝子やエネルギー源の分解時に体内で放出される物質なので運動はもちろんストレスも関係しているのです。仕事や人間関係のストレスなどは多くのエネルギーを消費します。

同時に体内ではプリン体が過剰に放出されているのです。そのプリン体が体外へ排出される際に尿酸へと変化するのですが、排出が産生に間に合わなくなると体内に蓄積されていってしまいます。

尿酸は関節内に溜まりやすい性質をもっていて、蓄積され続けると固まりはじめ結晶化してしまうのです。この状態になると、尿酸値が高い状態だといえます。代謝が悪く、尿酸の排出がうまくいかないこともあれば過剰に尿酸が作られていて排出が間に合っていないこともあります。

いずれにしても、尿酸の産生を抑制して排出をスムーズにすることが必要なのです。生活習慣の改善も大切ですが、それは長期的な治療といえます。高尿酸の状態では、いつ痛風発作を起こすか分からないので、尿酸値を早急に下げる必要があります。

そんなときに利用出来るのが、ザイロリックなのです。排出に間に合っていない以上は尿酸の産生を抑制したいので、最適な治療薬といえるでしょう。ザイロリックの服用と生活習慣の改善で痛風予防ができるのです。